忍者ブログ
家族3人の新しい家
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

完成見学会で
H邸の完成見学会に、Mさんがご家族で来てくださいました。
1番最初のお客さんです。
H邸を見てもらえて良かったと思いました。
形を実際見てもらうと、イメージしやすいですものね。
床は杉材とパイン材、壁は珪藻土と漆喰の見比べをしてもらいました。
Hさんがいたので、M邸の図面を見てもらいました。
「もう、図面は見たくないなー。かなり悩んだので。ああ、こういうふうにするんですね」
Hさんはカタログから選ぶのも悩んだでしょうけど、洗面器と手洗器を造ったり、珪藻土を塗装したりご自分でも家造りに参加したので忙しかったでしょうね。
Hさん、お疲れさまでした。
でも、家族の思い出に残る、あたたかい家に仕上がったと思います。
M邸も、造り手の想いが詰まった、気持ちの良い家になると思います。


~HPへ~
PR
業者さんと打ち合わせ
施工を担当する業者さんに見積もりの依頼をしました。
図面を見ながら、内容や施工の話し合いもしました。
写真はサッシ屋さんと電気屋さんです。


~HPへ~
棟梁と打ち合わせ
朝の7時から、棟梁の佐藤大工と打ち合わせです。
佐藤さんは、
「昨日、図面を見ながら図板に書いていって、悩んだりしながらやっていたら2時過ぎちゃって・・・」
「えー。ついさっきじゃないですか!」
「お客さんにとったら、一生に1回の家だから、ここで間違がったら、全て違っちゃうからね。俺は、この図板と建方がすごい緊張するんだ」
と言っていました。
図板は大工専用の墨付用の図面を板に書いたのが図板です。
仕事が決まると大工は一番初めに図板作りに入ります。
話を聞いていても、専門的な用語ばかりで私にはよくわかりませんでした。
どの材料を使用するか、予算的にはどうか、主人と佐藤さんの話し合いは続きました。

佐藤さんは、
「ずっと図板やっていると煮詰まるから、違うことやって気分転換しながら進めるんです。そうすると、そうか!とわかったりして進むんです」
平面の図面から、頭の中で3Dにして家のおさまりをどうするか確認してから、図板にしたりするようです。
図板を見ただけでは、これで家を建てられるとは思えないんですけどね。
大工さんって、頭がいいなと思うところです。
「ここは、この方が良いですよね?」
「そうですね。設計士さんに変更の連絡してみます」
2人で長いこと打ち合わせをしていたのでお腹がすき、
もえぎに行ってお昼ごはんをしました。
出張
ゾーファンのビビンバを食べ、エネルギーを満タンにしてまた図面に取り掛かりました。


~HPへ~
ショールーム
新築するのにあたって、1番楽しみで1番悩むのがキッチンではないでしょうか。
私もかなり悩みました。
M邸ではキッチンは
アクティエスが合うのではと思っていたら、Mさんから、
「アクティエスにしようと思っていまして」
と言われ、びっくりしました。
昨日、見積もりを依頼するのに宇都宮のショールームに行ってきました。
2004年グットデザイン金賞を受賞していたんですね。
主人は建材フェアーで何度か見ていたのですが、私は初めて実物を見ました。
シンク下が何もないタイプで、ステンレスで色はヘアラインで見積もりをお願いしてきました。
仮の見積もりなので、次はMさんがショールームに行って決めて頂くことになります。


~HPへ~
棟梁と大工
M邸を担当する大工さんは、佐藤さんと加藤君です。
棟梁は佐藤さん、加藤君に、
「図板を作った方がいいよ。仕事がわかりやすくなるから」
と言っていました。
加藤君は図板に真剣に向き合っていました。
2人で図板を作ると、2重のチェック体制になりミスが防げます。
真剣に図面、図板に向かう2人、かっこいいなぁと見とれてしまいました。


~HPへ~
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
[10/15 BANDA]
[10/14 みほねぇねぇ]
[09/18 BANDA]
[09/18 みほねぇねぇ]
[09/05 BANDA]
プロフィール
HN:
BANDA
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
御客様が住みやすい家造りをしていきます
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]